にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ  にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

<< ラジエーターガーーーッド! | main | 4週間ぶり >>
戦線離脱長期療養
3月15日にXSR700(いまだ名無し)の慣らし運転3日後の出来事です。



3月18日午後1時30分ゴロだったかな。
お昼休憩明けで間がなかったのは覚えてる。

後ろ向きで荷物を引いていて足元に荷物があるのに気がつかずそのまま後ろ向きで転倒、右手→左手の順で着地。
転倒した瞬間、苦痛で立ち上がれず。
(我ながらこの時にやってしまった感がありました)
それでもまだそのときは自力で起き上がり椅子のあるところまで一人で歩いて座った。
そこへ上司が駆けつけて両手の痛みを訴えた。
上司と共に作業着の袖口をまくって右手首の確認。

見ただけで納得しました。

そのとき3階の倉庫にいたのでまずはエレベーターで1階に降りようとエレベーターに乗り込んだが、1階にたどり着きまでが待てずにその場にへたり込んでしまい1階に到着しても動けず。
上司に抱えられるようにエレベーターから降りたはいいがもう動けなくて、痛みは増すばかり。
そのうち上の人たちがかわるがわるやってきて声をかけてくれてその時まではなんとか答えていて手首を見せるとみんな口をつぐんでしまう有様。

すごく長い時間だった。

車で病院に搬送をー…と言うことで車まで歩くがもう自力で歩けずいたみでなみだでてきて半ベソ状態。
動きたび痛くて。
事務の女性が見かねて『これ絶対無理です救急車呼んだほうがいいです』と言ってくださりそこでようやく救急車。
幸い消防署が近かったおかげで5分ほどで救急車が到着。
でもね、この救急車に乗り込むのが大変。
誰にも両腕を触られたくなくて自力で乗り込みストレッチャーに座り、、、その間も痛くて痛くて。
確かそのとき上着を脱いだんだけど叫んでたよね、『早くしてくれーーーっ!!』て。

名前聞かれ住所聞かれ旦那の連絡先を言った覚えあり。

近くの救急外来に運び込まれたときも脇を支えられながら自力でストレッチャーに移動。

そのあと覚えているのはレントゲン室で両手の骨を戻すのに泣き叫んだことかな。
点滴も両腕使えないから右足首から。
両手なのでギプス固定ではなく金属で骨を固定する手術に。

3月19日に右手、3月21日に左手。


3月24日に退院となりました。

両手ということで何もできませんでした。
食事はもちろん、キチャナイ話ですがトイレも全て…入院中は看護士さんには大変お世話になりました。
退院後はトイレは自分でなんとかできたけどそれ以外は着替えすらも自分でできず、主人や娘、義母のお世話になりました。涙出たよ。

3月27日。再診。
両手首を固定していた簡易ギプスが取れました。


そこからリハビリも始まり、思うように五指も手首も動かないなりにもできることが少しづつ増えました。

4月13日現在。
手首は全然返らないし握力もほぼ無いけど五指は元気です。
身の周りのことは自分でできるし、家事も(出来ないこともあるけれど)重いものさえ持たないよう気を付ければおおよそのことはできるようになりました。
幸い足腰はいたって健康なので転ばないように歩いております。


完治(骨を固定しているプレートを抜くまで)に半年と言われております。
早まる可能性はあるかも知れないけど、左手にやや麻痺が残りそう。でもこれもリハビリで少しは改善されそうなので焦らず地道に頑張ります。

納車2週間。2度しか乗れていないXSR700(名無し)は今しばらくお預けです。
秋の紅葉ツーリングを励みにがんばるぜぃ。

インスタで近況などをあげております。
こちらからどぞ^ ^
meroon8
このご時世なのでなにかと大変だとは思いますが、皆さまどうぞご安全に!!
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ


|にっき | comments(0) | -
スポンサーサイト
|- | - | -