<< 過酷な夏? | main | ハリーポッターと死の秘宝 PART2 >>
サウスバウンド
久しぶりに読んでいてワクワクする物語でした。
そして読みやすい!!
スラスラと読めちゃうから、あっという間に読了です。



元過激派の父を持つ小学6年生の二郎目線でお話が進むの。

東京の中野で暮らす一家5人。
元過激派な父がいろいろと問題を起こし、フツーを望む二郎を悩ませる。

上巻では中野でのゴミゴミとした都会的なお話。
でも、父・一郎の破天荒な振る舞いに悩まされたり、友人との関係に悩んだりと、小学6年生・二郎ならではの視線で成長していく様が実に清々しいです。

下巻は事情があって沖縄の西表に移住する一家のお話。
そこでもやっぱり父・一郎は破天荒で、一家を、そして西表に住む人たちを巻き込んでの大騒動。
最初は島への移住を嫌がっていた二郎も不思議と父に魅了されていくの。
そして島での生活で色々な人に出会って、さらに成長していく、、身長もグングン伸びていく二郎。



ホント、なんでもっと早くにこの本に出会わなかったのかと、後悔しました。
てか、家にあったんだけど、ずーっと放置してたのよね(*ノノ)キャ

これは色んな人に勧めたい一冊です。




JUGEMテーマ:読書感想文


| | comments(0) | -
スポンサーサイト
|- | - | -