<< 秋の健康診断 | main | 足場が!! >>
猫鳴り
評価:
沼田 まほかる
コメント:気づかされる何かがある。

本の厚みがなくて、読みやすそうだな〜と思って何気なく手に取りました。

主人公は、、、モンちゃん(猫)です、たぶん。

ようやく授かった子供を流産し、哀しみとともに暮らす中年夫婦のもとに一匹の仔猫が現れた。モンと名付けられた猫は、飼い主の夫婦や心に闇を抱えた少年に対して、不思議な存在感で寄り添う。まるで、すべてを見透かしているかのように。そして20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた…。「死」を厳かに受けいれ、命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。(「BOOK」データベースより)




イイです、コレ。
三つの話で構成されています。

一つ目は中年夫婦が捨て猫だったモンを見つけ、飼うに至るまでの葛藤を描いたお話。

二つ目は父子家庭で育った、ブラックホールを抱えた少年のお話。

三つ目は一話めで登場した夫が、モンの死と向き合うお話。

やはり最後の話は猫好きには堪えます。
タイトルの猫鳴りの意味もここで明らかに。

私も何度も猫の最期には立ち会ったけれど、それを思い出し号泣しながら読みました。
猫って確かに我関せずなところはあるけど、なんか、そっと寄り添ってくれてる感じがするのよね。
犬のように名前を呼べば飛んで走ってくるんじゃなく、なんか用か?的に振り向いてシッポを振る。かと思うとかまってほしい時は足もとに擦り寄ってきたりして。

そういうのが深く感じられる作品だと思います。


JUGEMテーマ:読書感想文


| | comments(0) | -
スポンサーサイト
|- | - | -